2011年10月03日

人は平均値を好む??

人間は大きく外れた事をする事を嫌います。

だから物事の平均値をしれば、その平均値から下回っている人は

平均値に上げようと思い、

反対に上回っている人はそんなに頑張らなくてもいいのかと

下げるようになってしまいます。

上回っている場合はその事に対して肯定的な事をゆわなければ

なんですが。

例えば上回っている事で誰かに誉められたりすると

それを継続してみようと思う訳です。

この事を平均値の磁石効果といいます。

この事柄は使い方次第ではうまく使えそうですね。

例えば、遅刻者や欠席者の多い集いの責任者の場合。

ちゃんと来ている人やちゃんと出席している人が多いという事を

提示する。

そうする事で遅刻者・欠席者に少数派だという事を伝える。

そうすると平均値の磁石効果でちゃんと出席し、

遅刻も減るという事に繋がってきます。

それでも、遅刻・欠席する場合は、

改善して、ちゃんと出席しだした人、遅刻がなくなった人から

まだ遅刻・欠席する人に話すのもいい手です。

元は同じ立場だった人からゆわれるのと、いままでちゃんとしてきた人から

ゆわれるのとでは、聞き方が変わってくるのです。

同じ立場だったあなたがやっているのであれば、

私もやろうかなといった具合に。

後、遅刻していない人とちゃんと出席している人を誉めるのも忘れずに。



posted by tomo at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。