2011年10月14日

付箋一つで大きなおもいやり??

ちょっとした気遣いが大きな効果を生む事もあるんです。

仕事で頼み事や借りていたものを返す時等に、

その人が席にいない時どうしますか?

大半の人は物だけを置き後で説明するか、

だいたいわかるだろうと思い何もしませんよね。

そんな時に付箋にちょっとしたメモを書いておくと、

思った以上に喜ばれるらしいですよ。

思った以上に親しみや心配りを感じるみたいですね。

明日からすぐに実行できる事ですね。

考えてみればそうですよね。

ぶっきらぼうに物だけ置かれるよりも付箋がある方が任された感や、

貸した甲斐がありますもんね。

仕事場では特に自分の仕事が手一杯で相手を考える事が二の次になりがちです。

そんな時はなおさら心にゆとりを持たせ相手を思いやる事で冷静になれたり、

相手の信頼を勝ち取ったりといい循環になるものです。

手一杯手一杯と思いながらも実は冷静になると案外スムーズに事が運んだりもします。

仕事はやっぱり周りの人がいるおかげで自分の仕事がある。

という事を忘れずに毎日仕事に取り組みたいもんですね。

自分でこう書きながらも自分に言い聞かせているようです(笑)

そうする事でされた相手も付箋一つであなたを大切に思い、

次はあなたが思いやりを返されるかもしれませんね。

前回の記事で返報性の原理という事を書きましたので、

その事とリンクしてきますね。

そんな風にしてストレス社会の現代をできるだけストレスを少なく、

気持ちのいい日々を送りたいものです。
ラベル:信頼 仕事 付箋
posted by tomo at 00:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。